ニュース
» 2007年09月27日 16時17分 公開

最大50%削減――日立、データセンターの省電力プロジェクトを開始

日立製作所は、今後5年間でデータセンターの消費電力を最大50%削減することを目標としたプロジェクトを立ち上げた。

[ITmedia]

 日立製作所は9月27日、今後5年間でデータセンターの消費電力を最大50%削減することを目標としたプロジェクト「CoolCenter50」を立ち上げたと発表した。これを取りまとめる専任組織「省エネセンタ推進部」を、同社の情報・通信グループアウトソーシング事業部内に10月1日から設置するという。

 データセンターでは、サーバやストレージなどのIT機器の増加により、電力消費が大きくなるだけでなく、それらを冷却する空調機器や電源装置などでも多くの電力を消費している。

 CoolCenter50では、IT機器や空調機器などの装置や設備自体を省電力し、機器に応じた空調制御などから電力を最適化する技術を開発する。またこれらの取り組みから得られる省電力化のノウハウを事業や製品に取り入れて提供するという。

 日立が持つサーバ冷却技術や仮想化によるサーバ統合、ストレージの仮想化技術に加え、日立グループ各社の技術を取り入れた技術開発を行う。具体的には、日立アプライアンスのデータセンター向け空調機や、日立プラントテクノロジーのプラント管理などの技術が適用される。

関連キーワード

データセンター | 日立製作所 | 仮想化


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -