ニュース
» 2007年10月02日 09時27分 公開

Nokia、デジタル地図サービスのNAVTEQを81億ドルで買収へ

NAVTEQ買収により、Nokiaは「インターネットサービスの要」である位置情報サービスの強化を図る。

[ITmedia]

 フィンランドNokiaは10月1日、地図サービスの米NAVTEQの買収で合意に達したと発表した。買収は、NokiaがNAVTEQの株式を1株78ドルの現金で買い取る形で行われ、買収総額は81億ドル。取引は、NAVTEQ株主の承認などを経て、2008年第1四半期に完了する見通し。

 NAVTEQは、デジタル地図情報の提供企業で、カーナビやモバイルナビゲーション端末、Webベースの地図アプリケーション、政府や企業向けソリューションなどにサービスを提供。また、交通情報Webサイト「Traffic.com」も運営している。30カ国に168カ所の事業所を持ち、従業員は約3000人。2006年の売上高は5億8200万ドルだった。

 Nokiaでは、位置情報サービス分野を「同社のインターネットサービス戦略の要の一つ」とみており、NAVTEQ買収により、同分野での専門知識や顧客ベース、地図データや技術など「鍵となる多くの資産」を得て、サービスの拡充を図るとしている。

 買収後、NAVTEQはNokiaのグループ企業となるが、地図データ事業は独立で運営を継続し、従来通りのサービスを現行および将来の顧客に提供するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -