ニュース
» 2007年10月15日 22時41分 公開

凸版印刷、POSデータ分析の簡易サービスを発表

凸版印刷は、会員制POS情報提供サイト「TOPNAVI-NET」の簡易利用向けサービス「ライトコース」を10月16日から提供する。

[ITmedia]

 凸版印刷は10月15日、会員制POS情報提供サイト「TOPNAVI-NET」の簡易利用向けサービス「ライトコース」を10月16日から提供すると発表した。

 POS情報は市場/消費者動向を知る上での基礎データ。POS情報の分析は、製品開発からマーケティング戦略の立案まで幅広く活用されているが、高コストのため一般の営業/販売担当者が販売に活用しきれないといった問題があった。

 ライトコースは、TOPNAVI-NETでの売れ筋動向やランキング情報の分析結果のみを提供するサービス。メーカーや品名、価格といった製品のカテゴリーごとに、売上げの高いものから上位100を抽出し、PDF形式のデータとして提供する。TOPNAVI-NETによる分析リポート提供のサービスもある。

 TOPNAVI-NETは、約400店舗40カ月分のPOS情報を基に、製品の販売推移などを分析する会員制ASPサイト。マーケティング戦略立案、競合製品とのシェア分析などができる。

 価格は、1カテゴリー利用当たり月額1万500円。TOPNAVI-NETサービス全体で、2009年度までに約2億円の売上げを目指す。

関連キーワード

凸版印刷 | マーケティング | ASP


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ