ニュース
» 2007年10月19日 09時45分 公開

日本ユニシス、拡張性の高いERPシステムを発表

ITソリューションプロバイダー大手の日本ユニシスは、ERPシステム「Hybrish」を発売した。

[ITmedia]

 日本ユニシスは10月18日、製造・流通業などに向けて多様なビジネス環境で使われる中規模ERPソリューション「Hybrish」を販売開始した。

 同製品は、大福帳型データベースを備えた基幹システム。「Microsoft .NET」に対応しており、ネット環境があればWebブラウザのみで運用可能となる。CRMやSCMなど外部システムとの連動性が高いほか、「会計」「販売物流」「生産管理」の基本モジュールに、業務形態に応じて「外注管理」「プロジェクト原価管理」などの拡張モジュールを組み合わせることができる。

ERPソリューション「Hybrish」の全体イメージ ERPソリューション「Hybrish」の全体イメージ(同社資料より)

 企業グループ全体を単一のデータベースで一括管理し、組織変更や事業多角化など経営環境の変化に対応する。Unicode採用で多通貨および多言語をサポートしており、海外拠点などグローバル環境での会計も可能となる。

 価格は、本体と会計モジュールが基本パッケージで290万円、基本パッケージ+物流モジュールが780万円、基本パッケージ+物流+生産モジュールが1480万円から。

関連キーワード

運用管理 | ERP | データベース | 基幹システム | SCM


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ