ニュース
» 2007年10月23日 08時46分 公開

IBMとMediaTek、HDビデオ転送も可能な超高速無線チップセットを共同開発

IBMとMediaTekは、現在のWi-Fi規格の100倍以上の速度でデータ転送が可能なチップを共同開発する。

[ITmedia]

 米IBMと台湾MediaTekは10月21日、HD(高精細)コンテンツをPC、携帯機器、テレビなどの間で、高速で転送可能な無線チップセットを共同開発すると発表した。

 両社はmmWave(ミリメートル波)無線技術とデジタルチップセット技術を組み合わせ、新製品を開発する。mmWave帯域では現在のWi-Fi規格と比べ、最低でも100倍高速なデータ転送速度を実現できるという。例えばWi-Fiで10分かかる10Gバイトのファイル転送も、新技術を利用すれば5秒しかかからない。mmWave無線技術は、マルチメディアコンテンツのダウンロードや、非圧縮のHDTV動画をDVDプレーヤーからストリーミングする場合などに利用することができるという。

 IBMは新しいmmWave無線チップ、アンテナ、パッケージなどの技術を、MediaTekはデジタルベースバンド、ビデオプロセッシングチップ技術を提供する。IBM Researchは過去4年間、mmWave技術の開発に取り組んでおり、2006年2月には、10セント硬貨とほぼ同じ大きさのチップセットを開発、HDビデオの無線転送のデモを行っている。

ibm

関連キーワード

IBM | Wi-Fi | ストリーミング


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ