連載
» 2007年10月23日 19時05分 公開

ジュピターショップチャンネル、東京と大阪のコールセンターPBXを統合

日本アバイヤは、国内最大手のテレビ通販ジュピターショップチャンネルにIPテレフォニーシステムを納入し、東京と大阪のコールセンターのPBXを統合した。

[ITmedia]

 日本アバイアは10月23日、テレビ通販大手のジュピターショップチャンネルにIP-PBXソフトウェア「Avaya Communication Manager」を中核としたIPテレフォニーシステムを納入したと発表した。

 今回の納入は、ジュピターショップチャンネルの東京および大阪のコールセンターのPBX統合を目的としたもの。東京のセンターに1時間当たり最大30万件の通話処理が可能なメディアサーバ「Avaya S8710 Server」を設置して運用を一元化。大阪にはバックアップ用のPBX「ESS(Enterprise Survivable Server)」を設置して、冗長化を図った。

 ジュピターショップチャンネルは、東京と大阪の両センターで合計660人のオペレーター(センター座席数は450席)と在宅勤務のオペレーター約40人を配置しており、通常で1日当たり5万件、多い時には同10万件以上の通話を処理しているという。なお、システム構築は都築電機が担当した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ