ニュース
» 2007年11月06日 17時56分 公開

「Visual Studio 2008」「.NET Framework 3.5」、11月中にリリース

Microsoftはこのリリースに合わせてライセンス条件を変更し、ソースコードをデバッグ目的で閲覧できるプログラムも設ける。

[ITmedia]

 米Microsoftは11月5日、開発ツール「Visual Studio 2008」と「.NET Framework 3.5」を11月中にリリースすることを明らかにした。

 これら製品は、Windows Vista、Windows Server 2008、Office 2007、携帯機器、Web向けのアプリケーションを開発するためのもの。Microsoftはこれに合わせてライセンス条件を変更、開発者はWindowsなどのMicrosoftプラットフォーム以外に対応したアプリケーションをVisual Studioで構築できるようになる。この変更はVisual Studio 2008とVisual Studio 2008 SDKのリリースをもって有効になる。

 さらに同社はVisual Studio Industry Partner(VSIP)プログラムのプレミアレベルパートナー向けに、共有ソースライセンスプログラムを設ける予定だ。このプログラムでは、パートナーがVisual Studio IDEのソースコードをデバッグ目的で閲覧できる。

 このほか同社は開発者向けのツールを幾つかリリースした。その1つが、「Microsoft Sync Framework」のCommunity Technology Preview(CTP)。このツールはVisual Studio 2008の同期化機能を拡張し、オフラインやP2Pコラボレーションもサポートする。CTPはMicrosoftのサイトからダウンロードできる。

 また、Visual Studio用のアドイン「Popfly Explorer」の強化版がリリースされた。Popfly Explorerは、MicrosoftのマッシュアップサービスPopflyのサイトにVisual Studioアプリケーションを保存、共有できるようにするためのVisual Studio拡張機能。強化版では、Silverlightガジェットを簡単にWebページに加えたり、HTMLページを直接Popflyにパブリッシュしたりできるという。

関連キーワード

Visual Studio | Microsoft | .NET


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -