ニュース
» 2007年11月07日 11時00分 公開

米大統領選候補者の名をかたるスパムメール

共和党のから出馬表明している候補の名をかたったスパムメールが見つかった。

[ITmedia]

 2008年の米大統領選まであと1年となり、インターネットでも共和党、民主党候補の選挙運動が過熱する中、セキュリティ企業のTrend Microは、共和党から出馬表明しているロン・ポール下院議員の名をかたった電子メールが複数見つかったと報告した。

 このメールは「ロン・ポールはイラク戦争を直ちにやめさせる」など、同候補の政策について書き連ねた内容。Trend Microでは、ポール候補の陣営がこのメールに関与しているのかどうかは分からないとしながらも、迷惑メールが普通嫌われるものであることを考えると、これはポール候補にとって不利になるだろうと解説している。

画像 大統領選候補の名をかたるスパムメール(Trend Microより)

 選挙が近づくにつれ、こうしたケースが一層悪質になり、偽の勧誘メールやマルウェアに感染させる偽ニュースなどの出現も予想されるとして、Trend Microは注意を呼びかけている。

関連キーワード

スパム | 選挙


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -