ニュース
» 2007年11月08日 18時37分 公開

シンクライアント環境対応のログシステムを発表 三菱電機インフォら3社

三菱電機インフォメーションテクノロジーら3社は、業務提携を行い、シンクライアント環境対応のログ分析システム「LogCatcher for Meta Logger」を販売開始する。

[ITmedia]

 三菱電機インフォメーションテクノロジー、アイベクス、ネットワールドの3社は11月8日、シンクライアント環境対応のログ分析システム「LogCatcher for Meta Logger」を発表した。

 新製品は、「Citrix Presentation Server」および「Windows Terminal Server」上でのユーザー操作履歴を記録するアイベクスの「Meta Logger」と三菱電機インフォの統合ログ収集・分析システム「LogCatcher」を組み合わせた製品。Meta Loggerが記録したログ(ファイルアクセス、起動アプリケーション、クリップボード、プリンタ印刷、Web操作、メール受送信、ユーザ情報)を専用データベースで一元管理するほか、分析テンプレートを活用してグラフ化、チャート化したリポートを作成できる。

「Meta Logger」のシステム構成図 「Meta Logger」のシステム構成図(アイベクスの資料から)

 サーバライセンス価格は220万円から。ネットワールド、三菱電機インフォおよび両社の代理店を通じて11月9日から販売される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -