ニュース
» 2007年11月12日 12時17分 公開

Intel、WiMAX推進の方針は不変

SprintとClearwireの提携話が白紙になったことで、Intelは新たなパートナーと市場を探すことになりそうだ。

[Scott Ferguson,eWEEK]
eWEEK

 Sprint NextelとClearwireが全米規模のWiMAXネットワークを共同で構築する計画は白紙になったが、IntelではWiMAX技術を自社のチップに組み込む計画を引き続き推進する考えだ。

 Sprint NextelとClearwireは7月の段階では、両社のWiMAXネットワークを接続し、来年末までに1億人にサービスを提供する計画だとしていた。両社では、9月半ばをめどに計画の詳細を詰める予定だった。また、Sprintの幹部は今月初め、交渉は継続中だと語っていた。計画を白紙に戻すことが決まったというニュースが飛び込んだのは11月9日のことだった。

 Intelの広報担当者によると、SprintとClearwireの決定に失望したとしながらも、同社では、このワイヤレス技術を自社のマイクロプロセッサおよびハードウェアプラットフォームに組み込む計画を引き続き推進する方針だという。

 Intelの広報担当者は11月9日、米eWEEKの取材に対して、「当社の計画に変更はなく、WiMAXを当社のチップに組み込むという取り組みにも変更はない。われわれは今後も、両社との緊密な連携を継続するつもりだ」と語った。

 Intelは数年前から、WiMAXがWi-Fiに代わる技術になるという信念に基づいて同技術への投資を続けてきた。さらにIntelは、ClearwireがWiMAXネットワークを構築し、新技術に投資するのを支援するために同社に多額の資金を提供している。

 Sprint NextelとClearwireが米国でWiMAXネットワークを共同で構築するという提携を7月に発表したことで、WiMAXに投資しているIntelやSamsung、Motorolaなどの企業にとって、同技術が3Gに対抗する可能性が現実味を帯びてきたかに思えた。Endpoint Technologies Associatesのアナリスト、ロジャー・ケイ氏によると、ClearwireとSprintの交渉決裂は、WiMAX技術推進に向けたIntelの取り組みにとって打撃となるものだという。

 「今後の展開としては、Intelは今回の提携話に代わるものとして、ほかの提携を模索することが予想される。」とケイ氏は話す。「同社は今後も単独で、SprintおよびClearwireと個別に提携を続けるだろう。WiMAXはIntelのロードマップの一部であることは間違いないが、導入にはもう少し時間がかかりそうな状況になってきたようだ」。

 WiMAXはIEEE 802.16標準をベースとするブロードバンド技術であり、ポイント・ツー・ポイントリンクを含めさまざまな手段を通じて長距離間でデータを転送することを可能にする。

 9月に行われた「2007 Intel Developer Forum」において、同社幹部はノートPCやMID(モバイルインターネットデバイス)など各種のモバイルデバイス向けのチップおよびプラットフォームを開発するという計画の説明に多くの時間を費やした。Intelは2008年に「Montevina」と呼ばれる新しいモバイルプラットフォームを発表する予定だ。同プラットフォームはWiMAXとWi-Fiをサポートし、45ナノメートルプロセスで生産される新しい「Penryn」プロセッサファミリーを採用する。

 Intelでは、Montevinaプラットフォームを2008年にリリースするという方針に基づき、今年末にかけて各種のネットワークでWiMAX技術のテストを行う予定だ。その1つが、オレゴン州ヒルズボロにあるClearwireのWiMAXネットワークを使ったテストである。

 ケイ氏によると、Intelは今後、韓国や日本などの国々にフォーカスするようになるという。これらの国々は既にインフラが整備されており、最先端の新技術に対して開放的であるからだ。

 Gartnerのアナリスト、フィリップ・レッドマン氏によると、IntelやMotorola、Samsungなどの企業は今後もWiMAX技術のテストと改良を続けるとみられるが、ClearwireとSprintの提携がご破算になったことで、米国でのWiMAXの普及が遅れる見通しだ。PCベンダー各社が自社製品にWiMAX機能を追加する計画を見直す可能性もあるという。

 「IntelがWiMAX搭載チップを生産しても、OEMパートナー各社は自社の計画にとってWiMAXが重要になるまで同技術をマザーボードに搭載しないかもしれない」とレッドマン氏は話す。

 Intelの広報担当者によると、Lenovo、Panasonic、東芝、Acerなど数社が新しいモバイルプラットフォームの採用を既に約束しており、各社ともWiMAX技術をサポートする予定だという。

関連キーワード

WiMAX | Intel | Sprint Nextel | Wi-Fi | ブロードバンド | IEEE


Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -