ニュース
» 2007年11月12日 20時20分 公開

ソフィアモバイル、ICカードリーダ/ライタ内蔵の電子POP端末を開発

ソフィアモバイルは、ICカードリーダ/ライタを内蔵する電子POP端末を開発した。無線LAN、PHS網を利用したコンテンツ配信にも対応する

[ITmedia]

 ソフィアモバイルは11月12日、OSにMicrosoft WindowsCEを搭載した電子POP端末「nanica7(ナニカセブン)」を開発したと発表した。

 nanica7は、ICカードリーダ/ライタを内蔵し、無線LANやPHS網を利用したコンテンツ配信に対応。ICカードや電子マネー機能を搭載する携帯電話と連動した商品訴求ができ、割引クーポンの発行や商品の解説映像を自動再生するといったプロモーションが行える。また、無線LANやPHS網を経由して動画広告などのコンテンツ配信や、コンテンツ再生スケジュールを遠隔操作で設定するなどの管理も可能だ。

 同社では、店頭や商品陳列棚などでの利用を想定し、年内に百貨店やドラッグストア、レンタルビデオ店でのフィールドテストを実施する予定。2008年2月ごろの発売を計画する。価格は6万9800円。ソフィアホールディングスグループでは、1端末当たり月額9800円を上限に広告運用支援サービスも提供する予定(運用台数により異なる)。

 同製品は、11月14〜16日に横浜市のパシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2007」のソフィアアシステムズブースに出品される。

nanica7(ナニカセブン)
項目 概要
表示画面 WVGA7型TFT液晶
サイズ 幅210×高140×奥行き35ミリメートル
重量 約600グラム
OS Microsoft WindowsCE 5.0
CPU Freescale i.MX31(ARM11コア 533MHz)
RAM DDR 64Mバイト
ROM フラッシュメモリ 128Mバイト
通信 IEEE802.1b/g、PHS(Willlcom SIM)
外部メディア SD CARDスロット
外部接続 USB
動画コーデック Windows Media Video9
著作権保護機能 Windows Media DRM 10
nanica7の製品概要

関連キーワード

PHS | 広告 | 無線LAN | クーポン | 電子マネー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -