ニュース
» 2007年11月20日 18時03分 公開

NTTドコモとJTBパブ、GPSとユーザー行動連動型情報配信を実験

NTTドコモとJTBパブリッシングは、携帯電話の位置情報やユーザーの行動データと連動する情報配信サービスの実証実験を実施する。

[ITmedia]

 NTTドコモとJTBパブリッシングは11月20日、携帯電話の位置情報やユーザーの行動データを利用した情報配信サービスの実証実験を2008年1月11日に開始すると発表した。

 同実験は、ドコモが開発した「行動支援型レコメンドシステム」を利用し、位置情報や携帯電話ユーザーの行動データに基づいた情報配信技術の有効性を沖縄県と京都府で検証する。

実証実験のイメージ

 JTBパブリッシングでは、GPS情報から情報コンテンツを自動取得するiアプリDX「次ドコ」向けに観光情報を提供。実験モニターがどのような場所、時間帯でコンテンツにアクセスし、どのような利用をしたのかなどのデータを収集・分析し、ユーザーごとに最適化した情報配信の可能性について検証する。

 実験期間は2008年3月30日までで、1000〜5000人のモニター参加を見込む。モニターは、903iと904i、905iシリーズのGSP搭載端末の保有するパケット定額サービス契約者が対象。別途定められる「モニター参加ご利用規約」に同意してiアプリDXをダウンロードすると、実証実験に参加できる。

 2社では実証実験を踏まえ、2008年度中の商用サービス開始を目指すとしている。

関連キーワード

NTTドコモ | GPS | モバイルサイト


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -