ニュース
» 2007年09月28日 21時02分 公開

NTTドコモ、携帯電話ユーザーの行動に合わせた情報配信システムを開発

NTTドコモは、携帯電話に登録されたユーザーのスケジュールを基に情報を配信する「行動支援型レコメンドシステム」を開発した。

[ITmedia]

  NTTドコモは9月28日、携帯電話に登録されたスケジュールなどを基に情報コンテンツを配信する「行動支援型レコメンドシステム」を開発した。

 このシステムは、携帯電話ユーザーの個人情報や嗜好性、行動などの情報から、ユーザーのニーズに合致すると思われる情報コンテンツを推定し、配信を行うもの。ユーザーの行動に即した適切なコンテンツを適切なタイミングで配信できるという。

システム構成
「おすすめ情報」の予測・配信までの流れ

 これにより、例えばユーザーが旅行先やスケジュールを登録すれば、「宿泊予約」や「観光」「購入」などの行動が推定され、これに関連する情報(旅行先のホテルなど)を提供できる。モバイルサイトのユーザー専用ページやiアプリなどで情報を登録し、システムからメールで情報を提供するような利用が想定される。

 NTTドコモは、10月2日から千葉・幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2007」に同システムを出展する。

関連キーワード

NTTドコモ | CEATEC | 経営 | モバイルサイト


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -