ニュース
» 2007年12月05日 10時01分 公開

Sun、仮想化製品「Sun xVM Ops Center」のリリース日程を発表

Sun Microsystemsは、Sun xVM Ops Centerを無償で提供するとともに、サポートサービスを含む商用版も提供する。

[ITmedia]

 米Sun Microsystemsは12月4日、データセンター自動化ツール「Sun xVM Ops Center」の価格やリリース時期など、詳細について発表した。

 同社はオープンソフトウェアライセンスGNU GPLv3(GNU General Public Licenseバージョン3)に基づき、12月10日から、Sun xVM Opsを含む同社製品の管理インフラの中核であるCommon Agent ContainerのソースコードをOpenxVM.orgで公開し、来年第1四半期にはxVM Opsのソースコードすべてを公開する予定。また商用版については来年1月8日に発売する計画という。

 xVM Opsを利用することにより、LinuxとSolaris、またx86アーキテクチャのプロセッサやSPARCプロセッサの混在するクロスプラットフォーム環境において、実体のあるハードウェアから仮想化したITリソースに至るすべてを集中管理できる。データセンターの管理タスクを自動化し、膨大な資産を同時に管理可能という。

 xVM Ops Centerは、無償でダウンロードできる。サポートおよびネットワークサービスを含む商用版については、管理サーバ1台当たり100ドルから350ドル。1万ドルのSatellite Serverには、オンサイトでのインストレーションとトレーニングサービスが含まれる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -