ニュース
» 2007年12月05日 14時14分 公開

富士通SSL、OSS分野の研究開発で大連理工大学と契約

富士通SSLは、中国の大連理工大学とOSSについての研究委託に関する契約を締結した。

[ITmedia]

 富士通SSLは12月5日、中国の大連理工大学とオープンソースソフトウェア(OSS)についての研究委託に関する契約を締結したことを明らかにした。

 具体的にはOSSのCRMに、顧客からの要望が強く、かつ、現在実装されていない機能の研究開発を進めていく予定。同社は2006年10月に「SugarCRM」の取り扱いを開始、自らも営業部門を対象とした名刺情報管理システムをSugarCRMで構築している。

 契約は2008年3月15日までの約4カ月間となっているが、今後随時延長される見込み。成果物をどのように扱うかも今後決定するという。

関連キーワード

オープンソース | 中国 | SugarCRM | CRM


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -