ニュース
» 2007年12月11日 19時51分 公開

Firefoxと緑のgooがコラボ、環境活動のきっかけに

NTTレゾナントとMozilla Japanは、検索回数に応じて広告収益の一部を寄付するインターネットブラウザを提供開始した。

[ITmedia]

 NTTレゾナントとMozilla Japanは12月11日、環境保護をテーマとしたインターネットブラウザ「緑のgoo版 Mozilla Firefox」(緑のgoo版 Firefox)の提供を開始した。

 緑のgoo版 Firefoxは、ユーザーのWeb検索で得られる広告収益の一部を環境保護団体に寄付する「緑のgoo」と連動したブラウザ。緑のgooを検索バーから利用すると、回数に応じて検索ナビゲーションツールバーのアイコン「gooの木」が伸びていく。100回の検索でgooの木が1本増える仕組みで、約15円の寄付に相当する。

image

 英語版「Mozilla Firefox goo Green Label Edition」も提供開始した。

関連キーワード

goo | Firefox拡張機能 | 環境保護


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -