ニュース
» 2007年12月12日 23時25分 公開

「VMware Infrastructure 3」が新機能を追加

最新版の仮想化ソフトウェア「VMware ESX Server 3.5」と「VMware VirtualCenter 2.5」を実装した「VMware Infrastructure 3」をヴイエムウェアは発表した。いくつかの新機能が追加された。

[伏見学,ITmedia]

 ヴイエムウェアは12月12日、最新版のサーバ向け仮想マシンソフトウェア「VMware ESX Server 3.5」と仮想化マシンを集中管理するソフトウェア「VMware VirtualCenter 2.5」を仮想化ソフトウェアスイート「VMware Infrastructure 3」に実装したと発表した。

 インフラストラクチャ全体の信頼性や可用性を改善したほか、「Update Manager」「Storage VMotion」「Distributed Power Management」などの新機能によりパフォーマンスが向上した。

 VMware Update Managerは、ESX ServerホストやRed Hat Enterprise Linux(RHEL)などの仮想マシンに対するパッチ管理作業を自動化する。仮想マシンのダウンタイムなしで大量のホストへパッチを適用できる。

「Update Manager」を活用することで、時間とコストを削減できる 「Update Manager」を活用することで、時間とコストを削減できる

 VMware Storage VMotionは、ダウンタイムをほとんど発生させずに、仮想マシンのディスクをストレージから別のストレージに移動できる。ストレージの作業負荷を分散するとともに、I/Oのボトルネックを解消する。

 Distributed Power Managementは、負荷分散によってデータセンターの電力消費を削減する機能。不要になったサーバはスタンバイモードに移行し、ロード要求が増えるとサーバが自動的にオンラインになる。サービスレベルを保ちながら電力消費を最小限に抑制できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -