ニュース
» 2007年12月17日 15時25分 公開

IIJ、FOMAハイスピード網で法人向けデータ通信サービスを提供──ドコモのHSDPAで初のMVNO

インターネットイニシアティブ(IIJ)とNTTドコモは12月17日、IIJがドコモのMVNOとしてデータ通信サービスを提供することで基本合意したと発表した。まずは2008年1月をめどに、法人向けに下り最大3.6Mbpsのインターネット接続サービスを提供する。

[園部修,ITmedia]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)とNTTドコモは12月17日、IIJがドコモのMVNOとして、FOMAハイスピードのネットワークを利用したデータ通信サービスを提供することで基本合意したと発表した。IIJはドコモのHSDPA網を利用してデータ通信専用端末を活用する最初のMVNO事業者となる。

 IIJはまず2008年1月をめどに、法人ユーザー向けに下り最大3.6Mbpsのデータ通信が可能なインターネット接続サービスを提供する計画。運用面など詳細はこれから検討する。

 今後IIJは、データ通信サービスを利用する法人顧客に対し、データ通信端末からネットワーク、データセンターでの業務システムの保守運用まで含めた一元的なアウトソーシングサービスも提供する予定だという。

関連キーワード

MVNO | NTTドコモ | データ通信 | HSDPA | FOMA


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -