ニュース
» 2007年12月17日 17時40分 公開

シトリックス、パートナー向け施策を強化

シトリックスは、パトーナー企業のサービスをグローバル展開できる新制度「Citrix Readyプログラム」を開始した。

[ITmedia]

 シトリックス・システムズ・ジャパンは12月17日、パトーナー企業のサービスをグローバル展開できる制度「Citrix Readyプログラム」を日本で開始すると発表した。富士ゼロックスを第1号パートナーに認定した。

 新制度では、シトリックス製品と連携するサービスを同社のグローバル向けWebサイトで紹介できるほか、専用ロゴをサービスや製品に添付できる。IBMやDell、Oracleなど約70社160種類のサービスが登録されている。国内企業では、富士ゼロックスのCitrix Presentation Server向けプリンタドライバが認定された。

 シトリックスは国内のパートナープログラム「Showcase for Citrix」で140社260製品を認定している。これらの製品は動作検証などを終えており、Citrix Readyプログラムへ迅速に登録できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -