ニュース
» 2007年12月21日 17時52分 公開

CTC、仮想化インフラでヴイエムウェア、HP、ネットアップと協業

ヴイエムウェアの仮想化ソフトウェア、日本HPのブレードサーバ、ネットアップのストレージを組み合わせたサービスをCTCが発表した。

[ITmedia]

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は12月20日、システム基盤を短期間で構築することを目的とした仮想化統合インフラ「VM Pool」の販売を開始した。

 ヴイエムウェアの仮想化ソフトウェア「VMware Infrastructure 3」に、日本HPのブレードサーバ「HP BladeSystem c-Class」、日本ネットワーク・アプライアンス(ネットアップ)の企業向けストレージ「NetApp FAS」シリーズを組み合わせた。

 CTCは、これまでもOracleのクラスタリング技術とネットアップのストレージ仮想化技術を融合した「DB Pool」や「Mw Pool」などの仮想化サービスを展開してきた。今月には、米VMwareとGlobal System Integrator契約を締結するなど、仮想化ビジネスの拡大を図っている。

 価格は1500万円から。2008年度の販売目標は5億円としている。

関連キーワード

仮想化 | VMware | HP | ストレージ | ブレードサーバ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -