ニュース
» 2007年12月25日 12時24分 公開

IPAがソフト開発の質などを可視化するツールを公開

IPAが発行する「ソフトウェア開発データ白書」の統計データを基に、開発におけるプロジェクトの品質や価格などを定量化するツールが公開された。

[ITmedia]

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は12月25日、企業から収集したプロジェクトデータを統計分析した「ソフトウェア開発データ白書」を活用し、ソフトウェア開発におけるプロジェクトの品質・価格・納期(QCD)を可視化する「定量データに基づくプロジェクト診断支援ツール」を公開した。

 同ツールは、ソフトウェア開発データ白書からQCDに関する統計情報を抽出し、プロジェクトの相対的な位置を「棒グラフ」「円グラフ」「散布図」「箱ひげ図」という4種類の統計図に表示する。ユーザーと企業間での目標設定、評価、プロジェクトの特徴などを定量的に把握できる。

 他社と自社の水準を比較することでプロジェクトの改善を促進し、ソフトウェア開発全体の質の底上げにつなげるのが狙い。

関連キーワード

IPA(情報処理推進機構)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -