特集
» 2008年04月16日 15時10分 公開

Programing Bible:CAPTCHA機能を用いたWebフォーム入力を実装する3つのユーティリティ (5/5)

[Ben Martin,Open Tech Press]
SourceForge.JP Magazine
前のページへ 1|2|3|4|5       

自分はどのツールを使用すべきか

 CAPTCHAの本質は、コンピュータによるテキスト読み取りを意図的に困難にしたイメージとしてテキスト文字列を提示することにある。ただし実際の利用者の中には、本稿で紹介したツールで生成されるCAPTCHAイメージの外観や人間の目で見た視認性の高さを優先して、各自のWebサイトにツールを統合する際の親和性は二の次と考える人間もいるだろう。

 プログラミング的な観点から見た場合、CAPTCHAイメージに用いるテキストを明示的に指定したければcapictchaを利用するのが一番手軽なソリューションのはずだ。あるいはWebフォームへのCAPTCHA機能の追加を最優先とするのであればCaptcha PHPこそが最も簡単なソリューションであり、特にこのツールはCSSとの親和性も高くユーザーに入力のフィードバックも行えるという余禄まで付いてくる。最後に残されたKCAPTCHAも、Captcha PHPほどではないがWebフォームと簡単に統合可能なCAPTCHAソリューションを目指した作りとなっている。これらの中でわたしが選ぶとすれば、 JavaScriptによるユーザーへのフィードバック機能およびCAPTCHA入力が正しく行われたかの検証を行う高度なPHPインタフェースが装備され、無登録で自由にダウンロードできるCaptcha PHPを選択することになるだろう。

Ben Martinは10年以上にわたってファイルシステムに取り組みんでおり、博士課程の取得後、現在はlibferris、ファイルシステム、検索ソリューションを中心としたコンサルティング業に従事している。


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -