ニュース
» 2009年01月08日 13時51分 公開

Sun、クラウドソフトのQ-layerを買収

SunはQ-layerを買収し、クラウドコンピューティング事業を強化する。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 米Sun Microsystemsは1月7日、クラウドコンピューティングソフトウェアを開発、提供するベルギーQ-layerを買収したと発表した。金額は非公開。これにより、クラウドコンピューティング分野の製品や技術を強化する。

 Q-layerは、クラウドコンピューティングの実装・管理ソフトウェアを開発する専業ベンダー。同社のデータセンターのモデリングや統合のためのプラットフォーム「NephOS」を利用して、Sunのハイパーバイザー技術「xVM VirtualBox」をはじめ「Xen」「VMware ESX」を利用した仮想化インフラを構築できる。NephOSのポリシーエンジンを利用して、アプリケーションや帯域の割り当てなどを設定、管理できるという。

 SunはQ-layerをクラウドコンピューティング事業部に統合し、自社製品やサービスを補完する戦略だ。

編集者の一言

Sunはあまり多くを語っていませんが、仮想化されたサーバやストレージ、ネットワークといったデータセンターの各コンポーネントを統合管理するQ-layerの技術は、仮想化技術を利用する場合の新規教育コストを大きく下げると期待されています。仮想化技術を採用しても、場合によってはコスト高になるケースも散見される中で、今後注目されるであろう方向性です。

(西尾泰三 from DevIT


Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -