ニュース
» 2009年01月14日 14時42分 公開

センターで集中対応:ラック、ネットワーク監視の月額サービス開始

ラックは、不正侵入防御からネットワーク監視までを24時間対応で行う月額サービスを始める。

[ITmedia]

 ラックは、企業ネットワークに対する不正侵入の検知・防御システム(IDS/IPS)から監視、運用管理までを24時間体制で行う月額サービス「マネージド・セキュリティ・サービス」(MSS)を2月1日から開始する。

 同サービスは、同社のセキュリティ監視センター(JSOC)によるネットワーク監視とIDS/IPS機器の導入および保守作業を提供するもの。自社で対策を行うよりも、コストや運用などの負担を軽減できるのが特徴だという。

JSOC内部

 利用料金は、3年契約の場合で月額35万円、5年契約の場合で同33万円から。JSOCは国内約400社の企業ネットワークを常時監視し、社外からの不正アクセスなどを検知、防御している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

IPS | 運用管理 | ネットワーク監視 | IDS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -