ニュース
» 2009年01月28日 16時08分 公開

グループウェアのSIerに:サイボウズ、子会社の社名と体制を一新 SI/SaaS事業に注力へ

サイボウズ子会社のインテグラート・ビジネスシステムは、社名を「サイボウズ総合研究所」に変更する。サイボウズ製品に特化したシステムインテグレーション事業とSaaS事業に注力する。

[ITmedia]

 サイボウズは1月28日、グループ会社のインテグラート・ビジネスシステムの社名を「サイボウズ総合研究所」に変更すると発表した。代表取締役の異動や役付取締役の変更も行う。社名と体制を一新し、サイボウズ製品に特化したシステムインテグレーション事業とSaaS(サービスとしてのソフトウェア)事業に注力する構えだ。

 サイボウズ総合研究所では、サイボウズ製品の提案や業務分析、導入支援などを手掛ける。カスタマイズやAPIを利用したシステム開発や、他社製品とのシステム連携も行う。SaaSによるシステムの構築にも対応する。サイボウズは同社のシステムエンジニアを出向させ、開発を支援する。2009年に50社以上からの受注を目指す。

 ソフトウェアのパッケージ製品やサービスを手掛けるインテグラート・ビジネスシステムは、大企業向けの営業支援システム「ウェブハロー」を開発してきた。サイボウズの子会社になった2008年1月からは、サイボウズの販売パートナー企業の支援をするシステムインテグレーション事業にも着手していた。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

サイボウズ | グループウェア | SaaS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -