連載
» 2010年10月15日 16時18分 公開

オルタナブログ通信:Twitterにもスパム化の波――メジャー化して損なわれたもの (3/4)

[森川拓男,ITmedia]

iPhoneが動かなくなったときの対処法

 iPhoneの中身は、パソコンそのもの。たから対応はパソコンと同じです。それは……

 iPhoneが動かなくなった時の対処法。(解決する確率:ほぼ9割?):永井孝尚のMM21


 キーワードランキングでも、ベスト10内に上昇してきたiPhone。各社からスマートフォンがリリースされているが、やはりiPhoneがメジャー路線を突っ走っている。インターネットを始めたばかりの初心者が「取りあえずYahoo!」と思っているような感じだ。

 それにしてもiPhoneは、なかなか便利なツールのようだ。永井孝尚氏「永井孝尚のMM21」のiPhone4で自分の講演を録画。すごく便利では、自分がおこなった講演をiPhoneで録画したことが紹介されている。以前はビデオカメラに三脚にACケーブルに……と準備しないと録画できなかったものが、iPhone4があれば簡単に録画できてしまう。しかも、録画したもののチェックも、帰りの電車の中などでできるというのだからお手軽である。このような使い方ができるというのは、盲点のような気がする。

 また、永井氏はiPhoneが動かなくなった時の対処法。(解決する確率:ほぼ9割?)で、iPhoneユーザーに有益な情報をもたらしてくれた。iPhoneの動作がおかしくなったりした場合の対処法だ。永井氏は、「iPhoneの中身は、パソコンそのもの」と指摘し、再起動することで、ほとんどの問題は解決すると教えてくれたのだ。

 ただし、1つ注意点がある。iPhoneはスイッチを切るだけではスリープしているのでダメだというのだ。永井氏が再起動するステップを紹介してくれているので、iPhoneユーザーは、ぜひ一度、目を通していただきたい。

Twitterをユーザー目線で活用する企業とは?

 おお!ちょっと感動^^。(中略)当該ホテルについて確認を取り、かつその旨をきちんとフィードバックしてくれています。(中略)フロントの人の動きだけで成し得ることではなく、その後ろに控えている体制を含め、確立された業務フローがすごい

 Softbankの電波改善プロセスを“体験”しました:若手コンサルタントの眼


 注目を集めているiPhoneだが、問題がないわけではない。山下学氏「若手コンサルタントの眼」のSoftbankの電波改善プロセスを“体験”しましたによると、石垣島に旅行した際、iPhoneの電波表示が立っているにもかかわらず、データが取得できなかったという。アプリのせいかと思って別のアプリをいじってみても状況は変わらず、電波状況そのもののようだと判断した。

 そこで山下氏がホテル内のPCから「ホテル、たぶん石垣島で一番大きいところなはずなんですけど、部屋だとSoftbank電波入らず」とツイートしたところ、数日後、ソフトバンクモバイルのエリア担当からmention(言及)が飛び込んできたという。そこには、おわびの言葉とともに、「今後の改善のため、差支えなければホテル名を教えてほしい」と書かれていた。それに山下氏が返し、さらに返事がきた。そこには、「お教えいただいたホテルについて確認したところ、今後電波改善の計画をしております!」とあったという。

 この一連の対応に対して山下氏は5つのポイントに着目した。企業のTwitter活用が注目を集め、いまや当たり前になりつつある中、このようにユーザー目線に立ってきちんと運用されているのは素晴らしい。

 Twitterの企業活用に関しては、大元隆志氏「ASSIOMA」の誰も語らないツイッターの集客力について考察する。も、合わせて読んでいただきたい。ユニークな分析がなされていて、ためになった。

 ここでは、企業がTwitterを有効活用している例を紹介したが、残念ながら、必ずしもいい面ばかりではないのが実態だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ