ニュース
» 2013年06月10日 17時00分 公開

UC/コラボレーション市場は3.8%成長――IDC予測

IDCは、2012年の国内UC/コラボレーション市場規模は、前年比3.8%増の2008億9400万円になったと発表した。ワークスタイル変化が市場をけん引したという。

[ITmedia]

 IDC Japanは6月10日、国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場についての2012年の分析結果と2013〜2017年の予測を発表した。

 同社ではUC&C市場を、「UCプラットフォーム市場」「UCアプリケーション市場」「UCアプリケーションサービス市場」「UCプロフェッショナルサービス市場」の4つの市場セグメントに分類し、市場規模調査と予測を実施した。また、この市場規模調査を「IPテレフォニー市場」「コラボレーティブアプリケーション市場」「IPコンファレンスシステム市場」「IPコンタクトセンター市場」の4つのソリューション市場に分類。それぞれの市場について、個別に予測を行った。

 上述の市場セグメント分類において、2012年の国内UC/コラボレーション市場規模は、前年比3.8%増の2008億9400万円になった。2012年は、円高・株安などの国内経済に対する不安要素があったが、企業の音声インフラのリプレイス需要が活発に推移したこと、IPコンタクトセンターシステム市場が堅調に推移したことなどによって、同市場は2012年通年で堅調な成長を維持したという。これにより、2008〜2012年の直近5年間で、初めて市場規模が2000億円を突破する結果となった。

 2013年の同市場は、災害時事業継続対策需要、企業でのスマートモバイルデバイス利用、クラウドによるUC&C機能提供が進むと見られている。また、近年のソーシャルネットワーキング技術のビジネス活用など、関連技術からの市場促進要因があり、2013年通年では前年比成長率3.3%となるとIDCでは予測している。

 IDCでは、2013年以降の同市場は、企業のワークスタイル変化の要求による企業モバイルソリューション/ビデオコラボレーション/ソーシャルビジネスなどの新たな市場けん引要因によって堅調に成長していくとみる。2012〜2017年の年間平均成長率は3.5%で、2017年には2381億3700万円の規模になると予測している。

国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場 セグメント別売上額予測:2008年〜2017年(出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -