ニュース
» 2015年05月12日 08時00分 公開

Enterprise IT Kaleidoscope:全てを取り込むWindows 10のアプリ戦略 Microsoftの切り札とは? (2/4)

[山本雅史,ITmedia]

切り札はiOSとAndroidアプリの取り込み

 UWPというフレームワークが搭載されたことで、開発者は容易にアプリを開発していける。しかし、モバイル市場で少数派のWindows OS向けに彼らが積極的にアプリを開発していくのかは非常に疑問だ。そこでMicrosoftが仕掛けた“飛び道具”が、iOSとAndroidのアプリを簡単にWindowsへ移植できるフレームワークだ。iOSやAndroidのアプリが動作できるように新たなサブシステムを用意した。

 このフレームワークは、iOS向けでは「Project Islandwood」、Android向けでは「Project Astoria」と呼ばれる。Project IslandwoodはiOSで使われているObjective C/C++のコード、Project AstoriaはAndroidで使われているJava/C++のコードを、半自動的にUWPAのコードに変換してくれる。さすがに全てのコードを変換してくれるわけではなく、一部に開発者の手を入れる部分は残るが、コードの80〜90%は再利用できるようになっている。

 実際に英King Digital Entertainmentは、同社がリリースしているCandy Crush SagaをWindows Phoneへ移植する際に、Project Islandwoodのアーリーバージョンを利用した。コードの書き換え自体は非常に少なく、移植も簡単だったようだ。

 Microsoftは、Visual StudioにiOS用プラグインを用意し、iOS用アプリを直接コンパイルしてデバッグできるようにする。

 Project IslandwoodやProject Astoriaは、単にコードのポーティングを可能にするだけでなく、iOSやAndroidのAPIをUWPのAPIにマッピングする機能を持つ。例えば、アプリ内部で地図を使っている場合は、Google MapをBing Mapに変換してくれる(強制ではない)。

 またAnalyst Toolを用意することで、どの部分の書き換えが必要になるかなどをアドバイスしてくれる。

Project AstoriaではAndroidのコード(Java/C++)をUWP上で利用できるようにする
Project Astoriaはサブシステムとして、AndroidのAPIをWUPのAPIにマッピングする
Project AstoriaはVisual Studioだけでなく、Android Studio、Eclipseなど開発者が慣れたツールを利用できる
Project Astoriaを使えば、AndroidのアプリをUWPA化してWindows Storeに登録できる
Project IslandwoodはiOSアプリをUWPで動くようにする。
Project IslandwoodはVisual StudioでObjective-Cがサポートされている。Objective-Cのコードをそのままコンパイルできる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ