ニュース
» 2018年09月25日 06時15分 公開

「Office 2019」のWindowsおよびMac版、まずはボリュームライセンス向けにリリース

Microsoftが約3年ぶりにデスクトップ版Officeをアップデートし「Office 2019」として公開した。一般ユーザー向けは向こう数週間中に入手できるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは9月24日(現地時間)、フロリダ州オーランドで開催の年次カンファレンス「Microsoft Ignite」で、「Office 2019」の正式版を発表した。ボリュームライセンス顧客には同日からローリングアウトし、一般ユーザー向けは向こう数週間中に購入可能になる。

 office 1

 「Office Home & Business 2019」の米国での販売価格は249.99ドル(約2万8200円)で、先代の「Office 2016」より20ドル高くなる。対応するOSは、Windowsは「Windows 10」以降、Macは「macOS 10.12」以降。

 office 2 米国での価格

 Office 2019は、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Project、Visio、Access、Publisherで構成されるオンプレミスなプロダクティビティスイート(Project、Visio、Access、PublisherはWindows版のみ)。クラウド版の「Office 365」に過去3年間に追加されてきた多くの機能が反映されている。なお、「OneNote」はWindowsでは「OneNote for Windows 10」として、Macでは「Microsoft OneNote」として単体でそれぞれのアプリストアで提供している。

 リボンのカスタマイズ機能、Wordでのフォーカスモード、翻訳機能、PowerPointのMorphとZoom、SVGおよび3Dモデルのサポート、セキュリティアップデートなどが利用できるようになる。

 office 3

 「Exchange Server 2019」「Skype for Business Server 2019」「SharePoint Server 2019」「Project Server 2019」などの各種ビジネスサーバーは向こう数週間中にローリングアウトする計画だ。

 2015年9月にリリースされたOffice 2016のメインサポートは2020年10月13日まで、延長サポートは2025年10月14日までだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -