速報
» 2019年01月25日 12時33分 公開

GoogleとSony Pictures Imageworks、VFX用レンダリング管理システム「OpenCue」をオープンソース化

Google Cloud Platformを利用しているSPE傘下のVFX企業Sony Pictures Imageworksが、Googleと協力して自社のレンダリング管理システムを「OpneCue」としてオープンソース化した。

[ITmedia]

 米Googleは1月24日(現地時間)、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(SPE)傘下のVFX制作会社Sony Pictures Imageworksとの協力により、Sony Pictures Imageworksのレンダリング管理システム「Cue 3」のオープンソース版「OpenCue」をGitHubで公開したと発表した。

 cue

 Sony Pictures Imageworksは、「スパイダーマン」シリーズなどの実写映画や「Angry Birds」などのアニメ映画のVFXを手掛けている。

 Cue 3は、Sony Pictures Imageworksが15年かけて改良してきたシステムで、同社のデータセンターとGoogle Cloud Platformの15万以上のコアで稼働する。

 OpenCueはCue 3のオープンソース版。VFX関連企業は、OpneCueを使って複雑なジョブをタスクに分割し、ディスパッチキューに投入できる。

 チュートリアルやサンプルプロジェクトも間もなくGitHubで公開する計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -