ニュース
» 2019年01月31日 10時00分 公開

「Google Chrome 72」の安定版公開、TLS 1.0とTLS 1.1が非推奨に

Chrome 72ではTLS 1.0とTLS 1.1が「非推奨」となった。デスクトップ版では計58件の脆弱性を修正している。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Googleは1月29日、Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Chrome 72」をWindows、Mac、Linux、Android向けにリリースした。数日から数週間かけて配信される。

 Chromeの最新バージョンはデスクトップ向けが「Chrome 72.0.3626.81」、Android向けが「Chrome 72.0.3626.76」となる。デスクトップ向けのChrome 72では計58件の脆弱性を修正。このうち「QUICネットワーキングの不適切な実装」の問題については、緊急度が4段階で最も高い「Critical」に指定している。

 Android向けのChrome 72では、安定性とパフォーマンスの向上が図られた。

photo Googleのリリース

 Chrome 72ではまた、HTTPS接続に使われるTLS 1.0とTLS 1.1が「非推奨」となり、DevToolsコンソールで警告が表示されるようになる。2020年1月にリリース予定のChrome 81ではTLS 1.0とTLS 1.1が完全に無効化される。

 TLS 1.0とTLS 1.1については、さまざまな脆弱性が指摘され、Webサイトの大半は既に推奨バージョンのTLS 1.2に対応していることから、主要Webブラウザが無効化に向けた計画を発表している

関連キーワード

TLS | Google | 脆弱性 | Google Chrome


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -