ニュース
» 2019年02月08日 07時00分 公開

Sigfox対応のIoTでLPガスメーターを遠隔検針――ミツウロコCSとNEC、2019年4月から事業者向けに全国展開へ

ミツウロコCSとNECは、Sigfox対応のIoTを活用して、遠隔でLPガスメーターの情報を取得するサービスをLPガス販売事業者向けに開始。月次の検針日の指針データに加え、日次で指針値・保安情報を提供する。今後、ガス消費量を基に、LPガス配送業務を効率化するサービスの提供も視野に入れている。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ミツウロコクリエイティブソリューションズ(ミツウロコCS)とNECは2019年2月6日、IoTを活用してLPガスメーターの情報を取得するサービスを、同年4月から全国のLPガス販売事業者向けに展開すると発表した。

 同サービスでは、各消費者宅のLPガスメーターにNECのIoT向け無線ユニット「LPWA対応IoT無線化ユニット」を設置して、指針データなどを遠隔から取得し、クラウドに収集、蓄積する。通信には京セラコミュニケーションシステムが提供するIoT向けネットワーク「Sigfox」を、クラウドにはNECのIoTプラットフォーム「NEC the WISE IoT Platform」を利用する。

Photo IoTを活用してLPガスメーターの情報を取得するサービスの概要

 蓄積したデータは契約事業者ごとに管理し、日次でLPガスメーターの指針値・保安情報を提供する他、月次で検針日の指針情報を提供する。従来の人による検針業務が不要になり、人員不足への対応や検針業務の効率化を図ることができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -