ニュース
» 2019年02月12日 07時00分 公開

顔が見えなくても、後ろ向きでも、全身像から人物を特定――顔画像に頼らない人物照合技術、NECから

NECは、映像や画像に写る人物の顔や体の一部が見えなかったり、後ろ向きや横向きだったりした場合でも、全身像から高精度に人物を照合する技術を開発。顔画像だけに頼らない高精度な人物照合技術として、大規模施設内の警備支援や顔認証技術との組み合わせた人物捜索などへの応用を見込む。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは2019年2月7日、顔や体の一部が見えない人物や、後ろ向きや横向きの人物でも、全身の外観を基に照合できる「人物照合技術」を開発したと発表した。

 カメラに写った人物の服装や体形などの外観を分析し、それらが同一人物か異なる人物かを判定する。NECがこれまで顔認証技術などで培ってきた映像解析技術と深層学習技術を活用し、顔画像だけに頼らない高精度な人物照合技術を確立したとしている。

Photo カメラから見えない部分がある人物像でも照合できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ