速報
» 2019年03月07日 12時08分 公開

Google、学習用データの匿名化ツール「TensorFlow Privacy」公開 差分プライバシー採用

Google、学習用データの匿名化ツール「TensorFlow Privacy」公開 差分プライバシー採用

[ITmedia]

 米Googleは3月6日(現地時間)、機械学習用データを安全に匿名化するツール「TensorFlow Privacy」をオープンソースでGitHubで公開した。

 privacy

 開発者は数行のコードを追加するだけで、AIモデルのプライバシーを強化できるという。GoogleがGmailのスマートリプライなどで採用している「差分プライバシー」技術に基づいている。差分プライバシー技術は、米Appleも「iOS 10」で利用している。差分プライバシーは、大まかに言えば、リアルなユーザーデータを個人が特定できないよう加工し、かつデータとしての有用性を保つ技術。

 Googleは、TensorFlow Privacyを提供することで、開発者が自分の機械学習ツールの安全性を高め、改善することを支援したいとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -