ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年02月07日 08時43分 公開

GmailのスパムブロックにTensorFlowが活躍 1日1億件のスパムを削除中

Googleが、Gmailでは99.9%のスパム、フィッシング、マルウェアをブロックしており、機械学習システム「TensorFlow」の採用により、さらに1日当たり1億件のブロックが可能になったと説明した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月6日(現地時間)、メールサービス「Gmail」のスパム対策について説明した。同社のオープンソースの機械学習システム「TensorFlow」の採用により、従来より1日当たり1億件多くのスパムを削除できるようになったという。

 spam 1

 機械学習を含む総合的な防衛システムにより、Gmailではスパム、フィッシング、マルウェアの99.9%をブロックしているという。TensorFlowは、これまでは検出が非常に難しかったカテゴリーのスパムのブロックを可能にした。検出が困難なスパムとは、例えば画像ベースのメッセージや埋め込んだコンテンツを隠しているメール、新たに立ち上げたドメインからのメッセージなどだ。

 また、例えばアプリからのプッシュ通知など、あるユーザーにとってはスパムでも他のユーザーにとっては必要な情報であることもあるため、TensroFlowによってユーザーの履歴に基づいてスパムブロックもパーソナライズしている。

 Googleは、これは機械学習がユーザーおよび企業の安全の強化に役立っていることの一例であり、今後他のサービスでもTensorFlowの採用を拡大していくと語った。GmailのMAU(月間アクティブユーザー数)は15億人、G Suiteとして採用している企業は500万だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.