ニュース
» 2019年03月11日 07時00分 公開

製鉄プラントの故障復旧をWatsonが支援 必要な情報はモバイルで検索――JFEスチール、全製造ラインに導入

JFEスチールは、「IBM Watson」を活用した製鉄プラントの制御故障復旧支援システム「J-mAIster」を開発し、全製造ラインに導入。故障などが発生した際、保全担当者がモバイル端末で過去の事例や復旧に必要な情報を効率的に検索できるようになり、復旧時間を大幅に短縮できたという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 JFEスチールは2019年3月7日、日本IBMの支援の下、「IBM Watson」を活用した製鉄プラントの制御故障復旧支援システム「J-mAIster」を2018年9月までに全国6地区の全製造ラインに導入したと発表した。

 J-mAIsterは、製鉄所の製造ラインなどでトラブルが発生した際、復旧作業に必要な情報や類似の過去事例などを効率的に検索、閲覧できる保全担当者向けのシステム。モバイル端末から現場で即座に検索でき、迅速な復旧作業をサポートする。

Photo 「J-mAIster」の概要

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -