ニュース
» 2019年03月11日 07時00分 公開

病院や福祉施設にも? 声や文字でビルの照明や空調を操作できる“スマートリモコン”システム、竹中工務店から

竹中工務店らは、照明や空調、換気、防犯設備などのビル設備を、スマートスピーカーやスマートフォンを介した音声や文字で制御できるシステム「ツイートREMO」を開発。ビルネットワークの国際標準規格BACnetに対応し、病院や福祉施設、オフィスなどでの活用を見込む。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 竹中工務店は2019年3月7日、神田通信機と共同で、ビルシステム向けの音声・文字認識AI制御システム「ツイートREMO(リモ)」を開発したと発表した。

 ツイートREMOは、照明や空調、換気、防犯設備などのビル設備機器を、スマートスピーカーやスマートフォンを介した音声や文字入力で制御できるシステム。病院や福祉施設、オフィスなどでの使用を想定し、個室などのパーソナル空間で体の不自由な方や声が出しづらい状況でも、空調や照明などの設備機器を自分で操作できる。

Photo 「ツイートREMO」の仕組み

 従来は、こうした音声・文字による制御システムは、個々の設備機器としか連係できず、住宅などの用途に限られていた。大量の設備機器が設置される病院や福祉施設、オフィスなどでは、AIが認識、解析した言語指令を各設備機器に連携する仕組みが構築されていなかったためだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -