ニュース
» 2019年03月14日 12時00分 公開

工場、ビルのIoTや、IoT見守りサービスの保守を効率化――IoTデバイスを一元管理する「JP1 for IoT」 日立から

日立は、IoTシステムの効率的な運用管理を支援する製品群「JP1 for IoT」を発表。第1弾として、IoT機器の稼働状況やセキュリティ対策状況を一元管理する「JP1 for IoT - デバイス管理」、USBやデバイスの不正接続を監視するアプライアンス2製品を提供する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日立製作所(以下、日立)は2019年3月13日、IoTの運用管理を最適化する製品/サービス群「JP1 for IoT」を発表。2019年3月15日から販売を開始する。

 JP1 for IoTは、複数の製品やサービスで構成されるIoTシステム運用管理ソリューション。これまで日立が培ってきたIT(Information Technology)/OT(Operational Technology)や、統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」の技術やノウハウなどを生かしたという。

Photo 「JP1 for IoT」の概要(画像出典:日立製作所「JP1 for IoT」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -