速報
» 2019年04月02日 06時43分 公開

Gmailに送信予約機能追加 15周年で

Gmailに、作成したメールを設定した日時で後で自動送信できる機能が追加された(ローリングアウト中)。最大100件までのメールの送信を予約できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは4月1日(現地時間)、Gmailに予約送信機能を追加したと発表した。作成したメールをすぐに送信せずに、未来に設定した時間に送信できる。約2週間かけてのローリングアウト中だ。

 gmail 1 新規メッセージの左下の「送信」ボタンに矢印がついたら利用できる

 PC、Android、iOS版それぞれで利用可能になる。PCの場合、この機能が使えるようになると、新規メッセージ作成カードの左下にある[送信ボタン]に矢印(▼)が表示されるようになり、これをクリックすると「送信日時を設定」と表示されるので、これをクリックして希望の日時を設定する。最大100件のメールの送信を予約できる。

 gmail 2 希望の日時を設定する

 予約したメールを確認するには、左側のパネルに表示されるようになる「送信予定」をクリックする。一覧で確認でき、日時変更やキャンセルも可能だ。

 gmail 3 予約メール一覧

 Gmailではこれまで、作成したメールを「下書き」として保存しておけたが、予約であれば送信し忘れることもなくなる。

 Gmailについてはこの他、機械学習で定型メールの内容をサジェストする「スマート作成」を利用できる範囲が広がったが、日本語には対応しない。

 Gmailは2004年4月1日に誕生し、今年で15周年。なお、2014年に誕生した実験的メールアプリ「Inbox」はこの3月31日でサービスを終了した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -