ニュース
» 2019年05月23日 10時00分 公開

国内AIシステム市場、年平均46.4%で成長、2023年には3578億円規模へ 事業戦略やAI人材不足に課題――IDC調べ

2018年の国内AIシステム市場は、デジタルトランスフォーメーション(DX)によるAIシステムの活用が進むことから、市場規模が倍増し、前年比91.4%増の532億円と推計。2019年以降も継続的に拡大を続け、2023年には3578億円に達するという。一方、AI人材不足など、市場成長の阻害要因も存在するという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2019年5月21日、国内AIシステム市場の2018年の実績と、2018〜2023年の予測(エンドユーザー支出額ベース)を発表した。

 なお、IDCでは、AIシステム市場を「自然言語処理と言語解析を使用して質問に応答し、機械学習をベースとしたレコメンデーションとディレクションを提供することで、人間の意思決定を補助/拡張する技術」として定義している。

2018年のAIシステム市場は前年比倍増の532億円に

 AIシステム市場の中で、AIのコンピューティング能力を提供するサーバと学習データを蓄積するストレージで構成される「ハードウェア」の2018年の支出額は、前年比119.8%増の142億円で、市場全体の26.6%を占めることが分かった。

 また、AIシステム構築のためのコンサルティングやアウトソーシングで構成される「サービス」は、前年比87.2%増の200億円で市場全体の37.5%を占め、さらにAIのコア機能を提供するAIソフトウェアプラットフォームとAIアプリケーションで構成される「ソフトウェア」は、前年比78.6%増の191億円で市場全体の35.9%を占めた。

 結果として、2018年のAIシステム市場全体は、前年比の91.4%増の532億円と推定。IDCでは、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進により、企業の内部環境の変革におけるAIシステムの利用が進み、PoC(概念実証)から実システムへの適用が広範囲に展開されたことや、AI機能のアプリケーションの組み込みが進んだことなどから、市場規模が倍増したと分析している。

2023年までのAIシステム市場をけん引するのは……?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -