ニュース
» 2019年05月31日 07時00分 公開

多様な勤務形態に対応する「リシテア/就業管理 クラウドサービス」 法改正や社内規則にも柔軟に対応――日立ソリューションズが提供開始

日立ソリューションズは、多様な雇用形態や勤務形態に対応する「リシテア/就業管理 クラウドサービス」を開始。プリセット機能の設定ですぐ利用できる「スタンダードプラン」と自社業務に合わせてカスタマイズが可能な「プレミアムプラン」を用意する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日立ソリューションズは2019年5月28日、業種や規模を選ばず、多様な雇用形態や勤務形態に対応する就業管理システム「リシテア/就業管理 クラウドサービス」を6月3日から提供開始すると発表した。

Photo 「リシテア/就業管理 クラウドサービス」の画面イメージ。マルチデバイスに対応し、直感的に操作しやすい画面を提供する

 同サービスは、従来パッケージ版として提供し、大手企業を中心に1200社以上の導入実績を有する業管理システム「リシテア/就業管理」の機能をクラウドサービスとして提供するもの。

 オフィス勤務、在宅勤務、モバイルワーク、工場/店舗勤務といった多様な勤務形態に対応し、従業員はスマートフォンやPCから勤務管理や残業・休日などを申請できる。職場管理者は、勤務状況の確認や申請承認などが随時可能になり、人事/労務部門による就業把握やコンプライアンス管理にも対応する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -