ニュース
» 2019年06月12日 09時00分 公開

「すぐにでも悪用されるのは確実」――Microsoftが2019年6月の月例セキュリティ情報公開

計88件の脆弱性が修正された。中でも「タスクスケジューラの特権昇格の脆弱性」は事前に情報が公開され、セキュリティベンダーはマルウェアに悪用される可能性が大きいと指摘する。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 米Microsoftは6月11日(米国時間)、月例セキュリティ情報を公開した。事前に情報が公開されていた問題を含め、WindowsやInternet Explore(IE)などに存在する脆弱(ぜいじゃく)性を多数を修正した。

ZDI 修正された脆弱性の一部。今回の修正プログラムでは88件の脆弱性に対処した(出典:Zero Day Initiative)

 Microsoftによると、更新プログラムの対象となるのはWindows、IE、Edge、Office/Office Service/Web Apps、ChakraCore、Skype for Business/Lync、Exchange Server、Azure、AdobeのFlash Playerの各製品。このうちIE、Edge、Windows、ChakraCore、Windows Serverに、最大深刻度が同社の4段階評価で最も高い「緊急」の脆弱性が存在する。

コンセプト実証用の悪用コードが公開された脆弱性

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -