ニュース
» 2019年07月19日 07時00分 公開

熟練者が行動基準とする「意図」をAIでモデル化 同レベルの高度な「意思決定」を支援――NECの新AI技術

NECは、熟練者の行動履歴データから行動基準となる「意図」を学習してモデル化し、熟練者が行っている高度な意思決定を模倣した推論ができるAI技術を開発。非熟練者でも意思決定を伴う高度なスキルが要求される業務に対応できるようになり、業務の負荷軽減や効率化が可能になる。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは2019年7月17日、業務熟練者の行動履歴を基に、行動基準となっている「意図」を「意思決定モデル」として学習し、高度な意思決定を模倣するAI技術を開発したと発表した。熟練者と同等の判断を迅速かつ自律的に導き出し、属人的な業務の意思決定プロセスに適用することで、業務の負荷軽減や効率化が可能になるという。

Photo 熟練者の高度な意思決定を模倣するAI技術の特徴

独自アルゴリズムで「意図」を学習

 昨今のAIの発展に伴い、商品の検品検査や需要予測、顧客の嗜好分析などの領域でAI活用は増えているものの、意思決定に関する問題など、高度なスキルが要求される領域への適用は進んでいない。その背景には、熟練者の無意識的な行動の定式化や、分析精度向上に向けた膨大な試行錯誤などが難しいといった課題がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -