ニュース
» 2019年08月05日 12時00分 公開

佐川急便、配送伝票の入力をAIシステムで自動化 かすれた数字なども高精度に読み取り

佐川急便は、繁忙期には1日に100万枚に上る配送伝票の入力作業をAIで自動化した。SGシステム、フューチャーアーキテクトが深層学習を活用した文字認識などのAI技術をベースに開発したシステムを用いる。丸囲みの数字や修正された文字なども高精度に読み取るという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 佐川急便、SGシステム、フューチャーアーキテクトは2019年8月2日、佐川急便の配送伝票入力業務を自動化するAIシステムを2019年7月に本稼働させたと発表した。

 同システムは、深層学習を活用した文字認識などのAI技術をベースに、配送伝票の情報を自動で読み取り、既存システムへのデータ連携までを自動化する。同社の配送伝票情報入力を受託しているSGシステムとフューチャーアーキテクトが、2016年から実証を重ねながら独自開発を進めてきた。

Photo 目視では読み取りにくい手書き数字(これに基づき料金が決定される)も、今回のAIシステムでは正確に読み取ることができる

繁忙期には1日100万件の伝票情報を手入力していた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -