ニュース
» 2019年08月13日 07時00分 公開

ドローンでプラントの点検や建設管理を効率化 コスト削減や安全性向上も――NTTドコモと日揮、共同開発へ

NTTドコモと日揮は、石油精製や化学などの大規模プラント向けに、ドローンやIoTを活用した設備点検と建設管理のサービスを開発する。国内のプラントが老朽化し、需要が高まる設備保全や建設管理の省人化と効率化を図る。2019年度内から順次サービス開始を目指す。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NTTドコモと日揮は2019年8月8日、ドローンやIoT(Internet of Things)などを活用した、大規模プラントの設備点検や建設管理のサービス創出で協業を発表した。

 国内の石油精製や化学などのプラントの多くは稼働開始から30年以上経過し、保守点検の需要が高まる中、点検コストの削減や設備点検の安全性向上が課題となっている。また、プラント建設では、煩雑になりがちな進捗(しんちょく)管理の効率化やデジタル化が求められているという。

 今回、両社は、こうした課題に対応するサービスとして、ドローンを活用した「プラントの保守点検」および「プラントの工事進捗管理」サービスの開発に取り組む。

ドローンで保守点検と進捗管理を省人化

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -