ニュース
» 2019年08月29日 13時00分 公開

キャッシュレス決済とAzureを連携 金融機関のDX支援へ、日本マイクロソフトとインフキュリオンが協業

日本マイクロソフトとインフキュリオン・グループは、金融機関のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する「次世代金融プラットフォーム」で協業。QRコード決済に対応したウォレットシステムを「Microsoft Azure」上に構築し、信頼性の高い決済システムの運用環境を提供する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本マイクロソフトと金融・決済サービス事業を展開するインフキュリオン・グループは2019年8月28日、金融機関のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する「次世代金融プラットフォーム」の提供で協業を発表した。

 協業の第1弾として、QRコード決済などに対応するインフキュリオン・グループのSaaS(Software as a Service)型ウォレットシステム「ウォレットステーション(for Banking and Retail)」を「Microsoft Azure」(以下、Azure)上で提供する。

Photo 金融機関のキャッシュレス対応やDMP(データマネジメントプラットフォーム)活用を支援する「次世代金融プラットフォーム」

Azureとの連携で高可用な決済環境を提供

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -