ニュース
» 2019年09月18日 11時00分 公開

NECネッツエスアイ、全社員5000人に「Slack」を導入 組織横断的な共創と業務効率化を促進

NECネッツエスアイは、「Slack」の全社導入に踏み切った。ビジネスコラボレーションハブとして活用し、組織を横断した共創機会の創出や、業務プラットフォームの一元化による業務効率の向上を目指す。多様な働き方を支える分散型ワークの支援ツールとしても活用する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Slack Japanは2019年9月17日、NECネッツエスアイが全社員5000人を対象にビジネスコラボレーションハブ「Slack」を導入すると発表した。

 NECネッツエスアイは2018年12月より、SE、営業、販売促進部門を中心として1300人がSlackを試験的に利用していた。検証の結果、生産性の向上が確認できたため、全社導入を決定したという。

Slackで何がどう変わる?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -