ニュース
» 2019年10月16日 12時00分 公開

大成建設と日本マイクロソフト、AI/IoTを活用した「施設運用・保守」で協業――“Azure×Windows 10 IoT”を活用

大成建設は、日本マイクロソフトと協業し、AI/IoTを活用した施設運用・保守(O&M)事業を展開する。「Microsoft Azure」と「Windows 10 IoT」を活用し、被災建物の即時判定、BIMによる業務効率化、作業状況の見える化の3つのソリューションから事業展開していく。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 大成建設と日本マイクロソフトは2019年10月15日、AIやIoTを活用した施設運用・保守(O&M:オペレーション&メンテナンス)事業で協業を発表した。

 大成建設は、ストック型社会における事業の持続的成長を見据え、設計から施工までの短期間に利益を上げる従来のフロー型ビジネスから、建物の引き渡し後から長期に渡って発生する施設運用・保守事業に着目。2019年7月にO&M領域の強化を目指して「AI・IoTビジネス推進部」を立ち上げ、建物保守業務の効率化、不動産価値の維持、利用者満足度の最大化などを図るストック型ビジネスの展開を検討してきた。

 今回の協業で両者は今後、日本マイクロソフトのIoT向けOS「Windows 10 IoT」ベースのエッジデバイスとクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」(以下、Azure)を活用したソリューションを展開する。大成建設が目指すソリューションの具体化と最適なテクノロジーの活用については、日本マイクロソフトが支援していく。

 具体的には、センサーなどのエッジデバイスから得る建物や利用者に関するデータを収集、管理、運用するためのクラウドサービス基盤として、Azure上に「TAISEI AI・IoTプラットフォーム」を構築。これを共通基盤とすることで、ソリューション間での連携や運用も可能になり、付加価値の高いサービスが提供可能になるとしている。

Photo デジタルプラットフォーム「TAISEI AI・IoTプラットフォーム」の概要

3つのソリューションでO&M事業を展開

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ