ニュース
» 2019年12月11日 10時00分 公開

富士通、小樽観光協会らと観光客の流れを可視化する共同実証を実施 滋賀の「2019びわ湖花火大会」、名古屋市営地下鉄に続き北海道でも

富士通と小樽観光協会などは、ニセコ・積丹・小樽エリアを含む後志地方と、札幌駅、新千歳空港で、Wi-Fiパケットセンサーを活用して観光客などの動きを可視化する共同実証を行う。人の数や流れ、混雑状況、移動ルートなどを分析し、今後の観光施策や各種事業の効果検証などに活用する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 富士通は2019年12月10日、小樽観光協会をはじめ、北海道内の複数の観光協会や企業と共同で、北海道広域で観光客などの人の流れをIoTで可視化する実証実験を同年12月10日から開始すると発表した。

観光客などの人の流れをリアルタイムに可視化、観光施策などに活用

Photo Wi-Fiパケットセンサー設置エリア(計40台)(地図:北海道ホームページから引用)

 実証実験の期間は、2019年12月10日から2020年3月10日まで。小樽市など1市6町村を含む後志地方、札幌駅周辺、新千歳空港内の3エリアで、富士通のWi-Fiパケットセンサーを活用して、観光客などの人の流れをリアルタイムに計測して、可視化、分析する。

Photo 富士通のWi-Fiパケットセンサー

スマートフォンから発信される固有IDで人の流れを収集、セキュリティは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ