ニュース
» 2019年12月11日 13時16分 公開

IT予算は増額傾向を維持するものの勢いには陰り ITRが国内動向の調査結果を発表

2019年度のIT予算額が対前年度で増加した企業は35%、減少した企業は8%、横ばいの企業は57%。2020年度の予算に「10%以上の増加」を見込む企業は2019年度の同回答から2ポイント減少し、「20%未満の減少」を見込む企業は2ポイント増加した。

[柴佑佳,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ITRは2019年12月11日、「国内IT投資動向調査報告書2020」を発表した。

ITR調査結果 2009〜2020年度予想 IT予算額増減傾向の経年変化(出典:ITR「IT投資動向調査2020」)

 ITRは国内企業におけるIT投資に関する調査を定点観測している。同調査の2020年度版では、IT投資に関する調査に加えて、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組み状況や組織体制、IT部門の主体的役割、経営からの評価、IT部門責任者が決済可能なIT投資額の調査も行った。

重要度指数 重要度指数は「デジタルビジネス戦略策定」が高い

デジタルビジネスや新しい分野への注目度は高いが、企業ごとの温度差が浮き彫りに

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ